MT4プラットフォーム Build 745と新規VPSホスティングについてのご案内

Wed Nov 12, 2014 at 10:01 AM

 

 

メタクォーツ社から最新のメタトレーダー4プラットフォームのBuild 745がリリースされました。ボストンテクノロジーズはこの新規アップデート版を2014年12月19日(金)のNYマーケット終了後にリリースいたします。



変更の概要:

 

クライアントターミナルアップデート:

  • Windows XP x64で稀に生じるクライアントターミナル起動時の干渉エラーを修正しました。

  • チャートテンプレートや気配値表示で選択された通貨ペアリストを保存する際に生じるファイル名の生成部分を修正しました。

  • ヘッダー部におけるクォーテーションマークを含むリッチコンテントの保存に関して修正を行いました。

MQL4アップデート: 

  • ChartGetInteger関数において、CHART_BRING_TO_TOP チャートプロパティの読み込みを追加しました(チャートは、他のチャートの前方に表示されます)。

 

メタクォーツ仮想サーバーホスティング


メタクォーツ社では、クラウドスペースにターミナルコピーを作成し、サーバーとの接続を24時間維持するソリューションの提供を開始しました。シグナルサービスで自動取引やコピー取引を利用するトレーダーにとって理想的な環境といえます。セットアップウィザードへアクセスするには、、MT4の口座上で右クリックをして、"Register a Virtual Server"を選択するのみです。

 

VSH1.png

 

 メタクォーツ社が提供するホスティングは従来のVPSソリューションに比べて、以下の利点があります。

 

1. MT4の全クライアントターミナルで利用可能な標準機能です。

2. 仮想ホスティングウィザードを利用すると簡単な手順でターミナルをコピーでき、口座作成やEAの起動、バーチャルマシン経由でのシグナルへの遠隔接続などもウィザード内でオプションを選択し、Next(次へ)をクリックするだけで完了します。

Virtual Hosting Wizard.gif

 

3. メタクォーツ社は世界中に多くのアクセスポイントを提供し、ブローカーサーバーへ低レイテンシでのアクセスを可能にしています。

4. ターミナルコピー起動中においても、重要な動作を行うことができ、新規EAをアップロードしたり、新しいシグナルへ接続し、CPU、メモリ、ハードディスクなどのPCリソースの消費を調べることもできます

 

Navigator.gif